2006/05/04

うむ

連休です。今年の釣りのテーマでもある本栖湖にはいかないとなりますまい。

湖畔には[ヒメマス回遊中につき餌釣り禁止]の看板が立っていて、もちろん餌釣りの人は居ません。ヒメマスは禁漁中です。
この時期、と言っても少し前だけど、ヒメマスのボートがコマセを使うので、ニジマスもそれについていて岸からは全然釣れないと言うのは良く聞く話です。
実は、そのコマセではなく、ヒメマス自体を補食してるニジマスやブラウンがいたら相当大きくなるだろうな、なんて想像してみたり。そんな魚が岸からの射程距離内に居る事を願いつつ、いつも釣りしてます。

でも、でも


いつもの放流魚。

カワイイカワイイキレイマス。
まだまだ釣れます。
餌釣り禁止はさすがに効果が大きいです。




とりあえず、北西岸ポイント(大久保ワンド、洪庵ワンド、漕艇場)全てで魚が掛かったので、適水温をちょっと過ぎて、満遍なく散っている状態です。もう前半シーズンも終わりに近いので、今日までで絶対的に強かったルアーをおさらい。(放流魚キラー?)

晴 ピュア5g(MES) カウント無し〜カウント10、ボトム。

荒 ワンダー60(ニジマス、モロコ) 表層〜2m程度
  ラファエル(ヤマメ、サケ稚魚) 表層〜1m程度
  ※リップがあるルアーは飛距離の関係であまり使えなかった。
  
レンジは毎日違うので、前回釣ったピンポイントで、レンジを刻むのが効率良し。
ベイトフィッシュより一回り小さくて、良く光るルアーに反応が多い。 
荒天で濁りが入った時は、チャート、赤金を織り交ぜて結果良し。
沖から追ってきてブレイクでアタックする魚が多い。
大荒れの天気で、大型が岸に寄っている事を目視確認、なんとか獲りたい。





憲法記念日の富士山。今までで一番奇麗に見えたかな。