2006/03/12

初めての

おつかい、うそうそ。

はじめての解禁日。
生まれて初めて解禁日を体験した。東京の秋川なんだけど、正午に花火がパッカーンと鳴って釣りスタート。ちなみに俺はその時まだ駐車場を探してたんだけど、やっとこさ河原に降りると3mおきに人がならんで仕掛けを流してる、キャストしてるじゃなくて「流してる」。横からルアーを投げるのは勇気が要るので、人がいない場所でかつ良さそうな場所を見つけて、3gスプーンをキャスト、着水と同時にバイト、ぉお解禁日とはコレかいな!近くまで寄せると10cmくらいの魚だったので、ロッドを揺さぶってハリ外した。fmm

最初は俺ともう一人のオジサンしか狙っていなかった小さいポイントだったんだけれど、ほぼ入れ掛かりなので、遠くで見てた人が歩いてきて、1人増え、2人増え、3人増え、4人増え。ここらで気分が悪くなったので脱出した。もぉ投げる場所が無い。マナーもへったくれも無い。なにより美学が無い。
増えた餌師の釣りを見ながら岸辺でボーッとタバコを吸った。魚のアベレージは15cmくらい、とても持って帰る気にならない、でも、見てると皆さん、掛かった魚は全部キープしてる。今回は解禁日のために秋川の上流部でヤマメ、ニジマス合わせて7万匹放流したそうだけど、あれだけ持ってく人が居たら、魚がすぐにいなくなってしまうのも頷ける。
食い渋ったのか、場所が空いたので同じ場所に入った、また最初のオジサンと二人。オジサンは最初のペースを維持している。うーん明らかに釣りウマだ。

俺はここぞとばかりに持っていった3gスプーンを全部チェック、ヒット数で行くとこんな感じ。
 スミス:ピュア △  
 ティムコ:ライトニングウォブラー ◯
 コータック:ミスティーライズ ◎ 
 コータック:イワナスプーン △
色はピンク、オレンジ、本栖湖色、茶色。ローライト気味だったのでほとんどゴールドベース。
クロスにキャストして、ドリフトターンして、途中でトゥイッチ入れたり。ちなみにアップでは掛からなかった。ダウンもあまりイカンかった。掛かった魚には悪いけれど非常に勉強になる。

釣りをしたのは3時間、たくさん掛けたけど、ヤマメを2匹とマスを4匹だけキープ、先ほど美味しくいただきました。写真は無い、解禁日に人がずらっと並んでる中で魚の写真撮ってるのも変かな、なんて。

そうそう、武蔵五日市の駅が奇麗になっていて驚いた、なんせ20年ぶりでしたから。春の気配よりも都会の気配を感じた。で、帰り道が込んでて、本栖湖に行くのと同じくらい時間が掛かった。
来週は本栖湖。