2005/12/03

123の日

寒くない、寒くない、寒くない。
最近こんな自己暗示ばかりかけているhobakiです、おばんです。

先日getした黒いタイツをはいて、ニジマス、ブラックバス合わせて8トンも放流した河口湖に行った。8トンの魚と聞くと凄いけど水の重さも入っているだろうし、今回はバス、ニジマス共に大型(バス400gとかマス1kg超え)の個体を放流しているそうな。


なるほど
疲れ果てて朝の日差しの中で眠るニジマス、ちょうど50cmくらいかしら。赤色が強くさして外国のマスみたいだ、って外国のマスか。

放流場所に5mおきに並んでワームを投げるなんて釣りはしたくない訳で、放流後一週間で落ち着いてきているはずのニジマスを狙う。ま、結局は同じ事なのであまりガツガツしないようにノンビリやる。そんなふうに曖昧に釣りをしていると結果は簡単。


ハイ、釣れません


散歩モード突入。ターゲットロックオン!!

等間隔でならんで、キミたちも放流魚ねらっているのかい?
fmm、山おろしが肌を刺す。
歩く。



自販機があったので暖かいお茶を買おうと思ったら壊れてた。

オイ!責任者!






返事は無かった。






ボウズも寂しいので、夕方のハッチングタイムは集中して巻いた。ルアーフィッシングは結構メカニカルな動作が必要だ。
多分、今年最後のブラックバス。マス狙いが見当はずれだけど嬉しい、嬉しい。

放流とは言っても、こんなに体高があって、ヒレの大きい、強い流水で育ってきたと思われる立派な魚だった。どこからか連れてこられたんだろうか?考えないといけない事が色々ありそうだ。

THX!


釣行記