2005/07/31

日焼けしてる社会人?

仕事できなさそう。
フン!知るか。


3時に起きて、心の洗濯に行ってきた。洗濯と言えば奇麗な水、西湖。予定通り4時半に到着。↓北岸のワンド。


 この雰囲気の中、全然釣れない。30cmクラスが60匹位のスクールになって岸沿いを行ったり来たり。崖に身を隠して色々なルアーを投げるけど、全然相手にされず。あまりに悔しいので崖に生えてた木イチゴを摘んで食べた、結構食べた。明日不安。
 どうにか奴らをやっつけたい。オニギリに入ってたタラコを針に付けて投げてみた。→無視。
 やけくそになって、奴らとは全然違う明後日の方向にゲーリーイカを投げたら、フォール中にもの凄い勢いて持って行かれた。思いっきり巻き合わせしたけど、巻いても巻いても糸を巻けない。ドラグ調整してなくユルユルでした。ジーーーーーーーっと10秒ぐらいドラグ音を響かせて周囲の注目を集めるだけ集めた後。自分目がけてイカが飛んできた、凄い歯形でビックリ、それよりガックリ。敗北。


 さーて、日も照ってきたし気を取り直して行こうか。
北岸のはスクール形成していたが、南岸のは単体もしくは少数でブレイク沿いを回遊しながら小魚を捕っている。俺はそれを捕る。作戦はこうだ、超ロングディスタンスでブレイクショルダーに地雷を設置、遠くから木イチゴを食べながら見守る。
 こと2時間、波風が強まり地雷作戦失敗。スイーッスイーッとイカのような動きを演出する作戦に変更した。

ゴツンと来た。良かった。ありがとう。
しかし釣れない、夏バス難しい。あまりに大変なので夏マスを、、、、
 大好きなビーフリーズを各色取り揃え投げまくる。愛用のSTS72でツィイッチしないただ巻きだとフックセットが難しい事が判明、
この前から何度もアワセを失敗してる。竿の弾性が高くてバイトを弾く事も多々あり。そして細ラインにゴツンと来てそのままスイープで合わせてもバスの口には完全に刺さらない事もある。(ビーフリーズやイカみたいな太っちょなルアーだと向こうアワセもあまり期待しちゃいけない)


そんなこんなで、汗ダラダラで歩いていたら、困ってる者を見つけたので救出した。ルアーの使い道(2)
ジャーン!ミヤマクワガタ!小学生の頃の俺はコレが欲しくて欲しくて、親に泣いて頼んだモノだ「クワガタ捕りに行こうよ」と、、、

でも、森へお帰り。そうつぶやいて。そっと逃がしたんだ。






 マスは半分冗談、半分本気だったんだけど、流れ込みの下でやっていた時、目の前ででかいマス(ブラウンぽい)を乗せられず。泣きそうだった。もう木イチゴ食べる気力も無い。しばし考えた。ロッド設計者の言葉を思い出した「バイトがあったら少し送ってやるくらいの気持ちで、、、」
 うむ、前アタリで送ってやれば良いのか。次のバイトは結局バスだったんだけど、、、

バッチリ入った。いつでも心の準備が大切だ。

2005/07/03

2005年折り返し

トピックス。
ギターの修理が完了した。サイド割れ、バック割れ、ブレイシング剥がれと、悲しくて涙の出るような状態だったけど(実際泣いた)。それが奇麗になって戻ってきた。壊れた場所に目を凝らせば解るくらいの修理痕があるんだけど、それがまた良い。肝心の音の方は大分元気が無くなったけど、弦も張らずに三ヶ月眠って居たんだから当たり前か、、、とーにかく嬉しい。買った時より嬉しい。もう弾き過ぎて指が痛い。

先週末は相模湖に行った、40くらいのを足下まで寄せてプッツリとラインブレイク、ドラグを締め過ぎの上に超元気なヤツで首を振られまくり、3ポンドラインが持ちこたえられる筈も無く、腕でカバーとか出来たら良いけど、そんなん出来ない訳で、どうする事も出来ず逃がしてしまった。そして30センチくらいの小さいのにも食わせたけどセットに失敗。ゲーリーイカが自分目がけて飛んできた。オマケに凄い暑さで倒れそうだった。趣味でイライラするのも嫌なのでとっとと家に帰った。

そして今日、3時半に起きて西湖に行ってきた。
どんよりした曇り空の下、湖畔でマッタリしていたら、ボートがワラワラこちらに向かってくる。尋常な数でなく、それも一斉に。後で調べたら大会が二つも同時に開催だと、オーマイガッチョ!トーナメンターだか何だか知らんが負けてなるものか!俺はただの釣り人だ。



釣れね。
しかも
目の前でビックベイトで釣られた、しかもボートでハイタッチしてる。他のボートでは怒って釣り竿を叩き折ってるし、異様な雰囲気だ
。思わず車で対岸のワンドまで先回りした(前回下見してある)。






fmmm!

「キロフィッシュ、3万で売っても良い」でも、もちろん皆さん見守るなかリリース。
仕掛けは、チビアダーのスプリットショットリグ放置。ジグヘッドを沈めてもあまり湖流に流れないけど、スプリットだとシンカーを起点にユラリユラリする。姿勢の良いチビアダーならではの仕掛けだ。て偉そうに書いておいてチビアダー使ったの初めてなんだけどね、俺のワーム知識は、ギドバグとスラッゴーで止まってました。
40一本捕れればもう良いや、って事で昼飯。そうこうしている間にボートが大分減ったような、、、大会は午前中だけかしら?朝、大船団になっていた場所に戻る。第一投目、大暴れ@!相模湖の教訓を活かしドラグ調整と魚のコントロール。バッチリやりました。
fmmmメルシィ

アフタースッポーン、チビアダースプリットで。

30分後、15メートル右の深場。

お腹が大きく、お尻が赤いんだけど、、、、まさかプリスッポーン?
クロステールのダウンショット。

雨が降ってきたので、車で昼寝の後。



ちなみに放流魚はあまり釣れなくなってきた。でも相変わらずペレット色のワームがそこら中に落ちてるし、吸い殻も沢山だ。
ギター弾こう。