2005/06/19

西湖ロードレース(本日開催)

 完全に釣り日記と化していますが、他にネタが無いんだもん、ごめんなさい。
12日は相模湖、結果は小さいのが3匹。前回リサーチした場所で初めてやってみた。たまーにでかいのがクルーズしてくるけど、さすがにルアーには興味なし。
 
 今日は4時に起きて、車を飛ばして西湖まで行ってきた。前回行った時にどんな感じか掴んだつもりなので、使うものも解ってるし、ボートは乗らないし、荷物少ないぞ、うん。
 メインディッシュはゲーリーヤマモトの4インチイカ。どんなルアーかと言うと、イモグラブに毛(フラ)が生えただけ。イモグラブって大人が投げるのははばかられるようなイメージなので、イカなら良いだろと思って昨日買ってみた。(ずるい)コレが凄いんだな。どう凄いかと言うと、、、まぁ、見てくれ。そして俺の自慢話を聞いてくれ。(見てください、そして聞いてください)

 西湖に到着してから7時までは、浜でトップを投げてたんだけど反応は無かった。ハトリーズをスイスイ、スイスイ泳がせるだけで楽しいんだな。でもやっぱり釣りに来たんだから魚を捕りたい。よしイカだ!イカの時間だ!


 道具を変えてイカのノーシンカーを足下に沈めたら、今年最大魚だ、これは嬉しかった!ヘラのオヤジ達も絶賛だ(たぶん)。そのあとはイカにスプリットを付けて中層を巻いて一匹、イカを逆さまに付けてリフト&フォールで一匹。どちらも放流魚じゃなくて真っ黒い色をした「西湖バス」だ。45、40、30。あとはフォールとステイだけに反応する25cmくらの放流魚が何匹か釣れた。午前中は名前も知らないこのワンドで終了。減水でファーストブレイク沿いの魚の着きそうな場所が丸見えで、岩の裏、ウィードのカス、バス本体、全部チェックして歩いたらあっという間に時間が過ぎた。

 車で昼飯を食べて移動、漁協の駐車場?に止めて、その下のワンドに降りる。風が正面から当たるワンドの下手側。足下にタバコの吸い殻と一緒にペレット色のゲーリーワームが沢山落ちていた。捨てた人にストレスが蓄積してるのが良く解る光景だ。そこでの一投目、口の痛んだ放流魚。二投目、少し大きめの放流魚、やっぱりケガしてる。 
簡単に釣れすぎるので、ここでイカ封印。
 と、魚を乱暴に扱っている人発見。釣った魚を子供に渡して口にフックを付けて「放して引いてごらん。良い引きしてるから」ってアホか。しかもセンベイ(ソフトサラダに見えた)を袋の中身丸ごと、あの奇麗な西湖に落とすわ、で、もう見てられない。

 癒されにきたはずが、そんな事でイライラしてどうする。とばかりに岬の裏側(風裏)に移動。往年の名作クランクベイトハスティー1を装填、ブレイク沿いに発射、命中!

これは嬉しかった、高級トラウトロッド(笑)+3ポンドフロロラインでクランクベイトって、無茶してる俺。カッコイイ。でも5投目でロストした(涙)

 そうしてネイティブ魚の着き場を偶然発見してしまったので、時間をかけて釣りをしていった。50メートルくらいの間を歩きながらクロステールシャッドのダウンショットで40前後を3本釣って、この場は終了。気がつくと夕方だ。



 今日に限っては運も幸いして。オカッパリのくせにトッププロ並の展開だ(笑)。
次に行く時はまた別の湖になってるんだろうな、、、