2004/09/06

AnnieOakley

完成したので披露目します。
It completed,An announcement eye is carried out.






-------------------------------------------------
塗装の手順を自分の為に
ホワイトメタルのフィギアなのて、目止め下地用にソフト99の自動車用サーフェイサーを薄めてエアブラシします。
発色を良くする為に、ラッカーのマットホワイトを薄めてエアブラシします、顔や明るい色を塗る部分には重点的に吹きます。
乾いたら、ハンブロールカラーで下塗りします。

肌:マットフレッシュ
シャツ:ライトブルー
スカート:適当
ブーツ:適当
地面:超適当

ここで、24時間以上乾燥させます。
私は気合が足らずに、168時間も乾燥させてしまいました。

油絵の具を使って、影や光のグラデーションを着けていきます。
最初に、下塗りと同じくらいの色、暗い影色、明るい色、3色作っておきます。基本色を大まかに塗り、影色を暗い部分(暗く見せたい部分)に置いて行きます。置いた絵具の境目を面相筆でなぞってぼかします、明るくしたい部分に暗い色が乗らないように注意します。
影を描いたら、明るい部分を描きます。暗い色と白が混ざると灰色く濁るので注意しながら明るい部分を塗ります。
絵の具の境目を慎重にぼかしてゆきます。
薄めた黄緑色やオレンジ色をアクセントに使うと表情が出て面白いです、変化が読めないので塗りながら実験します。ちなみに紺色の部分の影色にはオレンジが少し混ざっています。

顔はフレッシュ、バーントシェンナ、シェルピンク、ライトマゼンタで適当に…

色が混ざり、人間の皮膚の色とは似ても似つかぬ色になりました。
女性の顔は、影色を直接塗るよりも、溶剤で薄めて透明に近くした赤を乗せるようにして塗る方がそれらしいのではないかと完成後に気が付きました。と言っても女性を題材にしたヒストリカルフィギアはジャンヌダルクくらいしか無いので、次はいつになるやら…
油絵具はココまで。

よーく乾燥させます。油絵具は24時間ではとてもじゃないけど乾きません。3日でもまだ不安。とにかく乾くまで乾かします。乾くと刷毛目(タッチ?)や粗が目立たなくなります。私はココで半艶消しのクリアーコートを吹いてみました。鮮やかさが落ちました(トホホ)エアブラシで部分的に吹くのがたぶん正解です。

地面はパステル粉を粘度の高い溶剤で溶いて塗ります、乾くと完全に艶消しになって見事に砂地になります。
ボタンを塗りわけます。シルバーはタミヤのエナメルマーカーを皿に出してから筆塗りしました。
銀色を扱うときは一番集中しなければなりません、中間テストどころの話ではないのです。他に少しでも粉が付くと異様に目立ちますから、しかも取れない、落ちない、隠せない。何とか上手くいきました。

襟のモールは油絵の具のパーマネントホワイトをチューブからそのまま塗りつけたような…
銃の木製部分はハンブロールのベージュで下塗りして、赤茶色を薄めてムラを残しながら塗りました。