2009/09/24

天然水だらけ

山梨に行ってきました。

今回は昼に出発、渋滞にハマりつつ、4時過ぎ到着、忍野でイブニングやりました。ちょうど結んでたフライと同じようなカゲロウ(14番クリームぽい)がハッチして、なんかフライ的考え方の順番が違うけど、とりあえず反応は良しでした。
ゴボっと突っ込まれながらも、40cmくらいのナイスミッドフェローレッドバンドレインボートラウト(長い)をキャッチしました。

金田一の橋が通行止めになっていて、それでも釣り人はみんな普通に渡っており「あーはいはい、落ちても自己責任ね。」みたいな空気が面白かったです。修理してほしくもあるし、このまま朽ちていて欲しくもあるし、悩ましいです。


さて、二日目は
南アルプスの麓に行きました。


素敵な吊り橋があります、渡ってみましょう。





普通にオシッコちびりそう、今日はこのへんで勘弁してやりますよ。





河原に降りたいんだから、橋を渡る事もなかんべよ。





南アルプスの天然水を集めた奈良田楜、シュール。




観光とかしてる場合じゃない、目的はこっち、ご存知イワナです。
原種のヤマトイワナじゃなくて、このへんはニッコウイワナでした。
自分の足と手を駆使して渋滞をくぐり抜けてやっと出会えた訳で、放流とはいえ準天然に近いし、サイズはともかくこんなに嬉しいことはないですな。クネクネしててなんとも愛嬌のある魚です。



こっちもナイスリトルフェロー、だけど何にも代え難いです。

2009/04/19

本栖湖でも桜満開の日

釣りに行ってきた。


ほんとにノンビリ。
風が強くて私の腕ではフライが遠くに飛びません(涙


マターリ

午前中は本栖湖で頑張ってみたけど、ちと無理そうなので
魚を観に忍野に行く事にした。

ブーン
軽い渋滞にハマりつつ、到着。
忍野は人、人、人そして人、虫、鱒
草が刈り込まれて、妙に足場が良くなっていた忍野。
大場所ではずっと粘ってる人が多いなー
雰囲気が変わって、釣り公園チックになってきた。
ここに来ると思うのは
鱒って見飽きない魚だなー、と。



唯一の瀬にニンフを流したら、無斑のニジマスが出た。
ロッドはsageのLLの#4だったんだけど、全然浮いてこなくてビックリした。
ニジマスはパワフルだし、絶対諦めないとこが偉い、尊敬出来るヤツだ。
そして流れに住んでる個体はことさらタフです。


コチラは、いつものクイルゴードンを食べてくれた魚。
銀色の奇麗なブラウンだったんだけど
撮影出来る場所じゃなかったので、ちと残念な姿。
小さく写ってるけどズッシリです。



帰りの渋滞は20キロ。先週に引き続きまた天地人を見逃した。
土曜日に見ますかな、、、


しかし、湖をどうにかしないとなぁ
フライも足りなくなってきたしなぁ
コピーロボットでもあればなー

2009/04/05

里では桜満開の日

釣りに行ってきた。


キャー!キャー!
#18のモジャモジャフライ



#16クイルゴードン



#14クイルゴードン


小さくてもヤマメの横顔は精悍だ。


なんか、携帯カメラに慣れてきた(w

2009/03/29

寒かった

去年ボウズした鶴川に行ってきた。地元の人が「春が良い」って言ってたから。

5時に現地ついてみるとマイナス気温、速攻でネオプレンのウェーダーに着替え、車の中でモゾモゾやってみた。

とりあえず釣り開始したけどサッパリ反応なし、魚の影も見えないし、手が痛いくらい寒い。

それでも、随分釣り上がって
「落石注意、立ち入り禁止」の看板を発見、大岩や朽ち木がゴロゴロしてて見るからに危険。
はい、ごめんなさい、侵入しました。
そしたら、いました魚、足下からウヨウヨ逃げて行きます。
と言う事は、地元の人も釣りしないくらい危険な場所だ。
大切な人の顔が頭に浮かび、即退散。
いつかは熊と隣り合わせで釣りしたり、標高3000mの場所とかでも釣りしたいので、こんな事ではイカンと思うのだが、立ち入り禁止の場所で落石にあって死んだら、しかも山梨県で。
大切な人達もそりゃもう微妙な気持ちになりそうなもんなので、春うららかな日差しの中、来た道を戻ったわけです。

田舎に強い南風が吹いてて、虫とか飛んでる。

大きいドライフライにはまだまだ早い時期だけど、今日は朝から投げたい気持ち優先で、太いティペット短めにつないでやってみた。


下流に下って、ヤマメが好きそうな岩盤とプールが絡んだ場所があったので
観察してたら、なにやらハッチが始まった。結んであったフライによく似たカゲロウがどこからともなく飛んできて、ライズも始まった。
こういう瞬間が楽しい、なんとなくフライフィッシングを誤解してた。
当然釣れる。簡単に食いつく。


2009年の被写体魚第一号、でもカメラがイカレポンチなので携帯で、ホント使いズライ。


少しサビの残ったナイスマイフェロー。

この場所のライズ絡みを4匹捕ったけど、他のはもっとオチビでした。

この時期、一週間経つごとに魚の反応が良くなって、そのうち桜が咲いて山が萌え萌えっとしてきてさ。もう頭がフェーってなる。

2008/09/27

15 cm Schweres Infanteriegeschütz 33 (Sf) auf Panzerkampfwagen 38(t) Ausf. H "Grille" Sd.Kfz. 138/1

6章
おまけオブコオロギ

今日のテレビ、夕方のNHKニュースで現場車両にハマる人々を特集しておりまして、建築現場に出向いて写真を撮る人や、現場車両の模型を集める人が出ておりました。

わたくしも非常に共感しました、ハイ。これ以上趣味を増やすわけにもいかないので、似たような要素に萌えている人を見て安心するにとどめた次第です。

超自己満足な趣味である釣りや模型をこうしてblogで公開しておるわけで、それはつまり、超自己満足を少し脱皮しようという試みなわけで、でもボクはそっとしておいて欲しい気持ちもあるわけで、富良野の冬はこうして

じゃなくて

作品を見て下さい!



拡大して粗探しとかして欲しかったり


服の皺に感心して欲しかったり


そういうことなんですね



週末は釣りに行きます。