2011/08/02

南アルプス

野呂川へ釣りに出掛けた。
5:10のバスに乗ろうと、2:00くらいに家を出発。
暗い中央道、アップダウンとカーブの多い中央道。

芦安の市営駐車場についたのが、03:30
04:00まで仮眠、それから食事と準備したら4:45くらい
バス乗り場に向かうと、乗り合いタクシーがバスより先に出るという
1100円払って一番に乗り込む。登山の人があとから続々と乗り込んで総勢9名。
もってきた道具はsageのLL279にCLICK2 バランスが良くて気に入っている組み合わせ。
芦安の天気は霧雨だったが、上は晴れの情報。

ガタゴト山道を1時間行く、谷底をのぞけば、ちょっとした恐怖
そこで陽が山に差し込んで幸福感と恐怖心で混沌としてくる。
道中ほとんど寝ていたんだけど、、、

広河原について川を覗くとけっこうな流量。
渡河するのは場所を選ぶ感じ、増えた水の流芯脇にトロが沢山できていて
いかにもイワナのついていそうな感じ。

広河原からしばらく上に歩いた工事関係の資材置き場から入渓した。
木陰の場所でしばらく川面を見ていたらモンカゲのハッチが見えたので
ゴールデンバジャーで巻いた大きめのクイルゴードンを結んだ。
3投目くらいで、ゆーっくりとしたモーションでイワナが顔を出した。
こちらもゆーっくりし過ぎたモーションでアワセたけれど、ヒラヒラっとフライが宙を舞っただけ。

低酸素、低血圧でボーっとしながら釣り上がったけれど、反応なし。
10:00くらいになって日が高くなり暑い、腕が日焼けしているのが感じられる。
ちょっと難所に差し掛かかり巻くのが面倒なので、他の釣り人も居ないことだし
引き返して同じところをもう一度釣る事にした。
広河原の堰堤まで引き返して、自分のリセットを試みる。
「うーん深呼吸」みたいな感じで、これは、釣れていない時ほど難しい。けれど大事な事
だ。


水温が上がったからか、最初のヒラキで一匹出た、26センチくらいのヒレの大きいイワナ。
魚と風景の写真を携帯で撮った。後で安否確認のメールと一緒に送ろう。
朝と同じところだけど、2回目はさすがに筋が良く見えるし、解る、感じる。
今日は間違いなく弛みに魚が入っていて、同じフライで同じような場所に落とすと面白いようにイワナが出てくる、同じくらいのサイズの奇麗なヤツらだ、虫にはこだわってないみたいだ。

昼過ぎに引き返した場所まで戻ってきたら、スコールのような雨。
雨具忘れたし、帰ろう、急勾配の工事用道路を濡れながら登って林道まで戻る。
小屋で雨宿りしたけど、全然降り止む気配もなく、仕方なしに歩き出した。

後ろから来た車が隣で止まり声を掛けられる。
「にーちゃんどこまでよ?」
のり面工事の職人さん達だった、有り難い。広河原までって言ったんだけど
バスに乗る事を伝えたら、そのままの流れで芦安まで乗せてもらう事になった。
22キロ、車で1時間、歩いたら大変なことだ。
車では、この辺の天気のこと、のり面工法と道具、北海道の釣り、オジサン達の若い事
貴重な話がたくさん聞けた。みなさんタフガイでエクストリーマーだ、運転荒くて死ぬかと思った。

良い釣りだった、また行こう。




2011/03/16

Return Days

ただいま

返事はない




俺がニートだった頃、このブログを立ち上げた。
立ち上げたと言うより、やってみた。
(ちなみに今はニートではない、結婚し、一児の父となり、仕事ではリーダとなり、ひとかどのギタリストであり、モデラーであり、釣り人だ)

この震災は大阪出張していて難を逃れた。
ニューヨークのツインタワーが崩壊したときは、テレビを見て祈る事しか出来なかった。
今も大阪だ。テレビを見て情報を得ても、行動が伴わない。想いや足りない物資はどうしたら届けられるだろう?

そうだ、Video Daysがあったじゃないか、時代はTwitterらしいが同じインターネッツだ。
誰が見ているとも限らん。
物資は無理だけど、ここに書けば、想いは届くかもしれない、そう思った。
想いより、水をくれ。って言われるかもしれない。
でも今日は想いの押し売りを許してほしい。


がんばれ東北!

2009/09/24

天然水だらけ

山梨に行ってきました。

今回は昼に出発、渋滞にハマりつつ、4時過ぎ到着、忍野でイブニングやりました。ちょうど結んでたフライと同じようなカゲロウ(14番クリームぽい)がハッチして、なんかフライ的考え方の順番が違うけど、とりあえず反応は良しでした。
ゴボっと突っ込まれながらも、40cmくらいのナイスミッドフェローレッドバンドレインボートラウト(長い)をキャッチしました。

金田一の橋が通行止めになっていて、それでも釣り人はみんな普通に渡っており「あーはいはい、落ちても自己責任ね。」みたいな空気が面白かったです。修理してほしくもあるし、このまま朽ちていて欲しくもあるし、悩ましいです。


さて、二日目は
南アルプスの麓に行きました。


素敵な吊り橋があります、渡ってみましょう。





普通にオシッコちびりそう、今日はこのへんで勘弁してやりますよ。





河原に降りたいんだから、橋を渡る事もなかんべよ。





南アルプスの天然水を集めた奈良田楜、シュール。




観光とかしてる場合じゃない、目的はこっち、ご存知イワナです。
原種のヤマトイワナじゃなくて、このへんはニッコウイワナでした。
自分の足と手を駆使して渋滞をくぐり抜けてやっと出会えた訳で、放流とはいえ準天然に近いし、サイズはともかくこんなに嬉しいことはないですな。クネクネしててなんとも愛嬌のある魚です。



こっちもナイスリトルフェロー、だけど何にも代え難いです。

2009/05/11

はなのいろうつりにけりな、、、







釣りに行ってきた、花の写真を撮った。
気障ですな。

2009/05/06

GWの釣り

北海道に行きたかったけど、準備不足で断念。
来年こそは、、、

さて、釣り釣り。
初日は山梨のこんなとこで釣ってきた。

ヤマメが掛かるけど、写真を撮るような魚でもなく。


カメラを新調したのでパシャパシャと楽しい。風景はちょっと白く写るのでフィルターを買おうと思う。
実は自分でカメラを買ったのはこれが初めて、ずっと今までファミリーカメラだったんだよね。ついに子供卒業だぜ。これからは放蕩者の馬鹿息子だぜ。

この後、忍野に移動して金田一のイブニングをやってきた。
暗い中で、フライも見えないけど良い釣りでした。
半ネイティブのブラウンを二つ捕った。ゴボッと。


忍野温泉に入ろうと思ったら、「本日休業」とのことなので
山中湖畔の温泉に行った。ガイジンばっかりの風呂だった。
ガイジンに温泉好きか?って聞いたら「好き」だって。
なかなか渋いじゃんか、ガイジン。

そのまま、気の赴くまま芦ノ湖に向かった。
夜明けと同時に歩いて九頭竜に立ちこんだけど、ウェーダーの水漏れがひどくてソックスがガポガポ言ってる。でも、そこいら中で鱒の臭いはしてるし、ライズも沢山ある、しかも湖岸にはワカサギがピクピクしてる。で、それを手ですくって針に刺して投げようかと、、、全然思わなかった。
キャストもダメだし、寒いし、水漏れでなんだか心が折れちゃって車に戻って考える。


着替えてボートだな、うん。

ソフトハックルに放流鱒が掛かった、やっぱり写真を撮るほどの魚でもなくてね。
おやすみタイムだ
いや、良く寝たー